ひきこもりクエスト

ひきこもりが何と戦ってるかって?自分の中にいる怪物だよ

いま一番熱いYouTuber・井上ジョーを知ってる?【一日一錠】

スポンサーリンク

サングラスをしたパイナップル

こんにちあーs!お布団の中の勇者ヒキコ・モリです。※井上ジョーの挨拶が伝染りました。

みなさん、好きなYouTuberはいますか?

ヒカル?
ラファエル?
シバター?

私から言わせてもらうと、彼らは過去の人。

いまは井上ジョーでしょ!!!

 本業はミュージシャンのマルチリンガルYouTuber


井上ジョー 『CLOSER』

生まれも育ちもアメリカ・ロサンジェルスのアメリカ人。

英語と日本語はネイティブ、他にもポルトガル語・北京語・スペイン語を話せるマルチリンガルです。

本業はミュージシャン。代表作は『NARUTO疾風伝』の主題歌『CLOSER』。作詞作曲・演奏・歌すべて本人が担当。動画撮影や編集まで自分でやってるそうです。

UCLAやUCバークレーに受かっているのに音楽の道を選んだのだとか。才能ありすぎて辛い。少し分けてくれ。

日本語に関しては、ネットスラングや若者言葉、難しい言い回しも日本人以上によく知ってます。アメリカのチャンネルで、「ggrks」とか「おこ」とか教えてました。

話すだけじゃなくて読むほうもバッチリ。「俯瞰」みたいな難しい漢字も読めますよ。難しい言葉は漫画で覚えたそうです(そこだけ私と一緒だな。)

YouTuberの井上ジョーは、日本人の知らない海外の情報を教えくれる面白いお兄さん。なぜか上半身脱いでいることが多いです。変顔と下ネタ、ハイテンションな喋りが特徴。

とてもミュージシャンの井上ジョーと同一人物とは思えません。


TENGUBOY 『ごっつぁんDEATH!!!』

TENGUBOY名義でコミカルな曲も出しています。こっちのほうがYouTubeのキャラに近いかな。

「ゴボオオオオオオ!」のデスボイスで腹がよじれました。

ジョーのおすすめ動画


エセ英語でイキってる奴のダサさをわかりやすく表現

ニワカ英語のダサさを教えてくれる動画。私も調子に乗って「what the fuck!」と書いたりするから気をつけよう。口に出さなくても、日本人が使うとダサいよね……。


アメリカの交通事情がメチャクチャすぎる!?

アメリカの歩行者強すぎ。ただ歩いてるだけなのに、なぜそんなにオラついているのか。


日本人がハリウッドで成功しにくい理由

そもそも、演技の方向性が違うという話。


あなたが勘違いしている英語 (メーン)

◯メアーン
✕メーン

ラッパーの皆さんは気をつけましょう。

ほかにも面白い動画はいっぱいあります。とくに、海外の人種差別に対しては言いにくいことも言ってくれるので、とても勉強になります。

ライブ配信も面白いよ

 

inouejoeさん(@inouejoe)がシェアした投稿 -

ジョーは頻繁にライブ配信をしています。ここではより「素」に近い姿を見ることができます。

ライブ配信中に屁をこく・ゲップをする・トイレに立つ。寝癖があっても直しません。歯を磨きたくなったら磨きます。

動画では何度も披露していますが、フロスを使っているところを見せてくれるYouTuberなんてめったにいないと思いますよ。ジョーは歯が綺麗ですよね。

お気に入りの歯ブラシは「オーラツー ミラクルキャッチ ふつう」だそうです。懐に余裕のある方は、ぜひプレゼントしてあげてください。

若く見えますがジョーは三十路。ライブ配信中に「鳥肌実」と言ったことが忘れられません(鳥肌中将を知っているなら30代に違いない。)

※ライブ配信の一部を勝手に公開したり、スクリーンショットを撮影して載せたりするのはやめてほしいとジョーは言っていました。気をつけましょう。

ジョーの名言集

動画から「ジョー語」ともいうべき、新しい言葉も生まれています。

  • 「一日一ジョー、井上ジョー」(ジョーの挨拶)
  • ブギウギ☆shinitai(クラブで一人で踊る寂しさを表現した言葉)
  • ズンチキ・パンチキ(クラブのBGM。イチャイチャしている男女のことも含む)
  • あーs(読み方はアース。オトナの言葉)→使い方は「こんにちあーs」
  • ベェェェェ!(ラテン系の人々の自由奔放さを表現した言葉)

YouTuberとしても五つ星

ジョーはミュージシャンなので、専業YouTuberと比較していいのかどうか分かりませんが、YouTuberとしても一流だと思います。

バイリンガールより英語力が上でエンターテイメント性があるし、Hikakinより変顔が面白い。ジョーブログより海外事情に精通してる。なんでこんな逸材が今まで埋もれていたのかわかりません。

やっと時代がジョーに追いついてきた、ってことでしょうね!

ライブ配信を最後まで見た話

www.hikico-mori.com